コンテンツへスキップ

さくらVPSにRuby実行環境を作ってredmineを動かす

OverView

  1. rubyもしくはrailsでできたwebサービスが多くなってきた
  2. プロジェクト管理で優秀なredmineをさくらVPSにいれたい
  3. ruby/railsの環境を構築
  4. redmineのインストール

前提

  1. webサーバ構築済み
  2. mysql構築済み

Ruby/Railsの環境構築

必須モジュールとrvmのインストール

まず、rubyのバージョン切替が可能になるrvmをインストール

# yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel mysql-devel httpd-devel ImageMagick ImageMagick-devel
# bash < <(curl -s https://raw.github.com/wayneeseguin/rvm/master/binscripts/rvm-installer)

rvmをログイン時に起動するようにしておく

# echo '[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && . "$HOME/.rvm/scripts/rvm"' >> ~/.bashrc
# source ~/.bashrc

必須パッケージのインストール

# rvm pkg install zlib --verify-downloads 1
# rvm pkg install readline --verify-downloads 1

rubyのインストール(少し時間がかかる)

# rvm install 1.9.2
# source ~/.bash_profile
# rvm use 1.9.2

railのインストール

# rvm gemset use global
# rvm gemset create rails3.2.8
# rvm gemset use rails3.2.8
# gem install rails -v 3.2.8
# rvm use 1.9.2@rails3.2.8
# echo 'rvm use 1.9.2@rails3.2.8' >> .bashrc

rails用にbundlerとpassengerをインストール

gem install bundler --no-rdoc --no-ri
gem install passenger --no-rdoc --no-ri
passenger-install-apache2-module

passengerのインストールが終わるとhttpd.confに記述する為の設定が

コンソールに表示されるのでメモしておく。

それを/etc/httpd/conf.d/passenger.confに書き込む

以下は例(環境によってことなる)

LoadModule passenger_module /usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.2-p320@rails3.2.8/gems/passenger-3.0.19/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.2-p320@rails3.2.8/gems/passenger-3.0.19
PassengerRuby /usr/local/rvm/wrappers/ruby-1.9.2-p320@rails3.2.8/ruby
RailsBaseURI=/project

 redmineのインストール

httpd.confの設定

先にhttpd.confの設定をしてしまう。とりあえずrootが/var/www/htmlな環境で/projectで接続できるようにした。

/etc/httpd/conf.d/redmine.conf

Alias /project /var/www/html
<Directory "/var/www/html">
  Allow from all
  RailsBaseURI /project
</Directory>

mysqlの設定

mysqlにredmine用のデータベースを作成

# mysql -u root -p
CREATE DATABASE redmine DEFAULT CHARACTER SET utf8;
RANT ALL PRIVILEGES ON redmine.* TO redmine@localhost IDENTIFIED BY 'パスワード';
flush privileges;
exit;

redmineのダウンロードとインストール

ココを見てredmineの最新版を確認する。

この記事を書いた時は2.3.1で実施。また、redmineの物理ソースファイルは/var/lib/redmineに配置した。

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/76933/redmine-2.3.1.tar.gz
# tar zxvf redmine-2.3.1.tar.gz
# rm redmine-2.3.1.tar.gz
# mv redmine-2.3.1 /var/lib/redmine
# cd /var/lib/redmine
# bundle install --without development test postgresql sqlite

redmineのデータベース設定を修正

# cp /var/lib/redmine/config/database.yml.example /var/lib/redmine/config/database.yml
# vim /var/lib/redmine/config/database.yml

      production:
        adapter: mysql2
        database: redmine
        host: localhost
        username: redmine
        password: redmine
        encoding: utf8

次にredmineのメール送信設定を変更(redmineからの通知にgmailアカウントを利用した例)

cp -p /var/lib/redmine/config/configuration.yml.example /var/lib/redmine/config/configuration.yml
vim /var/lib/redmine/config/configuration.yml

      default:
        # Outgoing emails configuration (see examples above)
        email_delivery:
          delivery_method: :smtp
          smtp_settings:
            enable_starttls_auto: true
            address: "smtp.gmail.com"
            port: 587
            domain: "smtp.gmail.com"
            authentication: :plain
            user_name: "xxxxxxxxxx@gmail.com"
            password: "gmailパスワード"

redmineの仕上げ

# gem install mysql2
# rake generate_secret_token
# rake db:migrate RAILS_ENV=production
# ln -s /var/lib/redmine/public /var/www/html/project

 redmine確認

ブラウザよりhttp://ホスト名/projectで確認。

初期ユーザはadmin/adminになっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。