コンテンツへスキップ

SlackにGitbucketの通知を連動する方法

概要

Gitbucketにpushとかissue発行した時とかにslackに通知を流したい。

うまくいけば↓のようにslackに通知を流すことができる

Kobito.ai1VXj.png

設定方法

slackにgithubアプリのインストール

slackを開き、Apps & Integrations を開く

検索バーからgithubを検索、githubが出てくるのでクリックしてインストール

gitbucketでなくgithubなところは気にしなくてOK

Kobito.YJvLg6.png

「Post to Channel」といきなり聞かれるので、gitbucketの通知を
流したいslackのチャンネルを選択

Kobito.L8Pntv.png

英語でいろいろ書かれるが、緑のボタンでなく、ただのリンクの「switch to unauthed mode」を選択

Kobito.kd6RKn.png

もろもろ設定画面が出て来る

  • Webhook URL
    • ここに表示されているURLをコピーしておく。後でgitbucket側の設定画面に貼り付ける。
  • Branch
    • 通知対象にするBranchを指定する(無指定だと前Branch)
  • Post to Channel
    • さっき指定したもの。gitbucketの通知を流し込む先のslackのチャンネルを指定する。
  • Descriptive Label
    • 説明用のラベル
  • Customize Name
    • 通知に表示される。githubだとわかりずらいのでgitbucketとかリポジトリ名とかにする
  • Customize Icom
    • 通知に表示される。gitbucketからアイコンを拝借して設定するといい感じ

設定ができたらsaveして完了。これでslack側はOK

続いてgitbucketを開き、リポジトリのsettings画面を開く

「Service Hooks」の「Add webhook」を開く

Kobito.mRxlFY.png

slack側で出てきたWebhook URLを貼り付ける。

Kobito.unTh8C.png

Test Hookするとslackに通知がいくはず

この状態で保存すればOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。