コンテンツへスキップ

GCSでDefault Bucketを利用しようとしたらハマった

経緯

GAEからGCSにファイルをアップロードしよう。

と思い立ちデプロイ環境から実行したら以下のエラーになった

getDefaultGcsBucketNameResponse contained no data

 

GCSのバケットは自分で作成せず、ソースから以下のようにデフォルトバケットを使うようにしている

    final String defaultGcsBucketName = AppIdentityServiceFactory
        .getAppIdentityService().getDefaultGcsBucketName();

 

GCSの方はGoogle Developers Consoleから課金設定を有効にして

APIからGoogle Cloud StrageをONにしているのでできるはずなのに!

 

なお、Google Developers ConsoleのCloud Strage→ストレージブラウザを開くと

何もない状態でした。

 

 対応

色々探していくうちにStackOverflowから以下を発見

これ

 

なんかApp Engine Admin Consoleからぽちっとする必要があるらしい。

Admin Consoleを開いて

Application Settingを選択

下の方にあるCloud Integrationのところにあるボタンをポチッとする。

すこし待ってページを更新すると

The project was created successfully. See the Basics section for more details.

と出る。

Developpers ConsoleのCloud Strageからストレージビューワを開くと

<APP-ID>.appspot.com

という名前のバケットができてる!

→これがデフォルトバケットとして取得できる

 

実際にデプロイ環境からアップロードしてみたら

動作しました。

 

 

ということでDeveloppers Consoleからだけではまだ

できないことも多々あるようで、しばらくはAdmin Consoleと両方使う必要がありそう

(2014/7執筆時点)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。