コンテンツへスキップ

VS2012以降のinstallShieldでインストーラに.NetFrameWorkを含める

installShieldでインストーラに.NetFrameWorkも含める

経緯

VS2012以降、セットアッププロジェクトがなくなりInstallShieldになっちゃった続き。

前回はこちら

今回はInstallShildで作成したインストーラに

.NetFrameWorkがインストールされていない端末の場合、

FrameWorkも一緒にインストールさせるようにする方法。

 

設定方法

VSでInstallShield Limited Editionプロジェクトを開き、

Specify Application DataのRedistributablesをダブルクリックして開く

 

対象が一覧で開くので必要なFrameWorkなどをチェックする

こんな感じ

 

このとき、開発クライアントに該当FrameWorkの

インストールファイルがない場合、ダウンロードを求められるので

YESを押す

管理者権限がない場合、ダウンロードファイルが保存できなくて

エラーになることがあります。

手っ取り早いのはVSを一旦終了後、右クリック→管理者として実行で

VSを開きなおして再実行でうまくいくと思います。

あとはInstallSheldプロジェクトをビルドすれば

.NetFrameWorkも含んだ形で作成されます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。