コンテンツへスキップ

VS2012以降のinstallShieldで-6109が出たときの対処

installShieldで-6109がでた場合

経緯

VS2012から従来のセットアッププロジェクトがなくなりました。

代わりにinstallShild Limited Edition Projectが追加されています。

これを使って.Netで作成したプロジェクトのインストーラを作成しようとしたところ

installShieldのビルドにて-6109: Internal build errorが発生した時のメモ。

 

原因

ビルド時のログを見ていくとuser32.dllあたりで止まっていました。

user32.dllなんて使ってたっけ?と思いつつ確認すると

win32のwindowハンドラーを使ってMDIの枠をフラット表示にするのに

使っていました。

こいつは再頒布不可能なdllなのでエラーになっているみたい。

おそらく他のdllでも再頒布不可能があれば同様になると思われる。

 

対応方法

installShieldの設定より、不要な依存ファイルを外せばOK。

VSのソリューションエクスプローラからInstallSheildプロジェクトを開き

Specifi Application DataのFilesをダブルクリックして開く。

 

Destination computer’s filesのペインに表示されているものを

右クリックして、Dependencies from scan at build…を選択

不要なDLLのチェックを外す(今回はuser32.dllとsac.dll)

これでビルドが通るようになった。

 

 

しかし従来のセットアッププロジェクトはいずこへ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。