スーパーアジャイルなJAVA、SAStrutsの開発環境を構築する


OverView

  1. JAVAでWEBアプリを作りたい
  2. Frameworkを利用したい。でもStrutsはconfig設定とか面倒。
  3. そこでSeasarプロジェクトのSuperAgileStruts(以降SAStruts)を使う
    →config設定ほぼ不要、JAVA修正時もtomcatの再起動不要など
    →railsのようなスクリプト言語をベースとしたframeworkのように軽快に開発できる
    →Strutsをものすごく便利にしたものと思ってます
  4. 開発環境はEclipseを利用。(今回はWindowsで実施)

 

開発環境の構築

Eclipseのインストール

Pleiades(Eclipseを日本語化したインストールセット)を利用。

ココにアクセスして最新版のEclipseを選択

無題

 

JavaのFull-Editionを選択(32bit/64bit、マシンに合わせて選択)

無題

ダウンロードできたら任意の場所に解凍。

pleiades/eclipse/eclipse.exeからEclipseを起動。

 

Eclipse文字コードをUTF-8に統一する

開発にあたり文字コードをUTF-8に統一しておきます。

まず、eclipse.exeと同じ場所にあるeclipse.iniをテキストエディタで開き

-Dfile.encoding=utf-8

を追加してEclipseを再起動。

 

次にウィンドウ→設定→一般→コンテンツタイプを開き、

以下のものにデフォルトエンコードUTF-8を設定
html
Javaソースファイル
Javaプロパティファイル
JavaScriptソースファイル
JSP
CSS

無題

 

EclipseにJava環境をインストール

Eclipse起動→ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール

「作業対象」セレクタから「Juno – http://download.eclipse.org/releases/juno」を選択

Junoの部分はEclipseのバージョンによって異なる

「Web, XML, Java EE および OSGi エンタープライズ開発」にチェックを入れて次へ次へでインストール。

 

EclipseにSAStrutsプラグインをインストール

Eclipse起動→ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール

「作業対象」に「http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/」を入力

一覧から「Dolteng」と「SAStrutsPlugin」「ResourceSynchronizer」にチェックを入れて次へ次へでインストール

 

tomcatプラグインの操作コマンドをツールバーに表示

SAStrutsを開発時、ローカルのtomcat起動・終了をするために使う。

ウィンドウ→パースペクティブのカスタマイズ→コマンド・グループ可用性→使用可能なコマンドグループ→Tomcatにチェック

 

Hello World

ファイル→新規→プロジェクト→ウィザード→Dolteng→Doltengプロジェクト

入力するのは以下の部分

  • プロジェクト名とルート・パッケージ名:hello
  • プロジェクトファセット/表示:SAStruts
  • プロジェクトファセット/永続化:S2JDBC

無題

プロジェクトエクスプローラ→プロジェクト右クリック→Tomcatプロジェクト→コンテキスト定義を更新

無題

ツールバーの「tomcat起動」を押すとローカルWEBサーバにてデバッグ起動。

無題

ブラウザから「http://localhost:8080/hello/」で動作を確認

無題

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です