さくらVPSにJAVA実行環境を構築する


OverView

  1. さくらVPS上(CentOS)でJAVAを動かす
  2. JDKのインストール
  3. tomcatのインストール
  4. tomcat Managerの初期設定
  5. Strutsのインストール

前提

JDKのインストール

今回は1.7.0をインストールした。yumでインストール後、/usr/java/defaultにシンボリックリンクを貼っておく。

# yum install java-1.7.0-openjdk java-1.7.0-openjdk-devel
# ln -s /usr/lib/jvm/jre-1.7.0 /usr/java/default

ユーザプロファイルへJAVA設定を追加

# vim /etc/profile
    末尾に以下を追加
      export JAVA_HOME=/usr/java/default
      export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
      export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

# source /etc/profile

JAVAが動作するか確認

# vim HelloWorld.java

    public class HelloWorld {
      public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello World");
      }
    }

# javac HelloWorld.java
# java HelloWorld
 => Hello World と表示されるはず

 

tomcatのインストール

インストール

今回は6.0.36をインストールした。/usr/local/tomcatに配置。最新バージョンはココで確認。

# wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-6/v6.0.36/bin/apache-tomcat-6.0.36.tar.gz
# tar zxvf apache-tomcat-6.0.36.tar.gz
# mv apache-tomcat-6.0.36 /usr/local/tomcat
# rm -f apache-tomcat-6.0.36.tar.gz

 tomcat初期設定

各ユーザへtomcat設定を行う

# vim /etc/profile.d/tomcat.sh

    export JAVA_HOME=/usr/java/default
    export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
    export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar
    export TOMCAT_HOME=/usr/local/tomcat
    export CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
    export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CATALINA_HOME/common/lib

tomcatの起動

tomcatの起動、終了を管理するシェルを作成する。

# vim /etc/rc.d/init.d/tomcat

    #!/bin/bash
    #
    # Startup script for the tomcat
    #
    # chkconfig: 345 80 15
    # description: Tomcat is a Servlet+JSP Engine.

    # Source function library.
    . /etc/rc.d/init.d/functions
    source /etc/profile.d/tomcat.sh

    start(){
        if [ -z $(/sbin/pidof java) ]; then
            echo "Starting tomcat"
            /usr/local/tomcat/bin/startup.sh
            touch /var/lock/subsys/tomcat
        else
            echo "tomcat allready running"
        fi
    }

    stop(){
        if [ ! -z $(/sbin/pidof java) ]; then
            echo "Shutting down tomcat"
            /usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
            until [ -z $(/sbin/pidof java) ]; do :; done
            rm -f /var/lock/subsys/tomcat
        else
            echo "tomcat not running"
        fi
    }

    case "$1" in
        start)
            start
            ;;
        stop)
            stop
            ;;
        restart)
            stop
            start
            ;;
        status)
            /usr/local/tomcat/bin/catalina.sh version
            ;;
        *)
            echo "Usage: $0 {start|stop|restart|status}"
    esac

    exit 0

作成したtomcat起動シェルを使ってtomcatを起動。ついでに自動起動されるようにしておく

# chmod +x /etc/rc.d/init.d/tomcat
# /etc/rc.d/init.d/tomcat start
# chkconfig --add tomcat
# chkconfig tomcat on

ブラウザから確認

http://ホスト名:8080

無題

URLに8080を指定しないでアクセス可能にする

httpdのconfでProxyPassを指定することでURLに8080を設定する必要がなくなる。

例えば「javaweb」という名前のJAVAWEBアプリケーションを設定する場合、

以下のように指定する。

# vim /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf
ProxyPass /javaweb/ ajp://localhost:8009/javaweb/ #ajpのportは8009と指定する

# /etc/init.d/httpd reload  #httpdへ反映

上記設定により、http://ホスト名/javawebで接続できるようになる。

tomcat managerを利用可能にする

Strutsで作成したwebアプリケーションのデプロイ時など、何かと使うので有効化しておく。

# vim $CATALINA_HOME/conf/tomcat-users.xml
  <tomcat-users></tomcat-users>の間に↓を追加
  <user username="admin" password="パスワード" roles="admin,manager" />

#/etc/init.d/tomcat restart

ブラウザよりhttp://ホスト名:8080で接続し、IDをadmin、パスワードを入力してログインする

 

Strutsをインストールする

JAVA開発でStrutsを使う予定なのでさくらVPS上でもStrutsが動くようにしておく。

インストールするのはStruts1.x系。枯れた技術だけど安定性あるしそもそもSAStrutsで運用予定なのでこれでよい。

# wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/apache//struts/binaries/struts-1.3.10-all.zip
# unzip struts-1.3.10-all.zip
# cp -p ./struts-1.3.10/apps/* $CATALINA_HOME/webapps
# /etc/init.d/tomcat restart

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です