さくらVPSに独自ドメインを割り当てる


OverView

  • せっかくVPSを利用するのだから独自ドメインでアクセスしたい
    独自ドメインはHPのアドレスだけでなくメールアドレスにも適用できる
    パッと見、専用サーバのように見える
  • 今回はお名前.comで独自ドメインを取得
  • 独自ドメインとさくらVPSのIPアドレスを結びつける
  • DNS逆引き設定
  • CentOSのホスト名変更

 

今回、DNSやら逆引きやらといった用語・設定が出てきます。

よくわからないという方はココを参照するとよくわかります(長いけどね。。。)

 

独自ドメインの取得

ドメインサービスは様々な会社が実施しているが、今回はお名前.comを利用。

お名前.comで「tryerror.net」を取得。

 

独自ドメインの設定(お名前.com)

お名前.comのサイトから「ドメインNavi」を開く。

ドメイン設定→ネームサーバの変更→取得したドメインを選択→転送Plus/DNS設定を選択

無題

DNS設定を実行する。

 

次にドメイン設定→DNS関連機能の設定→DNSレコード設定を利用するを選択

無題

取得したドメインを選択して進むと、以下のような入力画面が表示される。

無題

この画面でホスト名とVPSのIPアドレスを結びつける。

  • ホスト名:空
  • Type:Aを選択
  • TTL:300
  • VALUE:さくらVPSのIPアドレス

入力したら追加ボタンで追加し、画面下のほうにある「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」に

チェックを入れて実行する。

DNSは設定変更してから浸透するまでに長くて24時間程度かかります。

早いときは10分くらいで変更されるのでDNS変更してから気長に待ちましょう。

今回やった時は5~6分で変更されました(ping tryerror.netして確認してました)

 

DNSの逆引き設定

次にIPアドレス→DNSの逆引き設定をする。

今度はさくらVPSのコントロールパネル→ホスト名の横にある変更ボタン

→取得したドメイン名を設定

 

OSホスト名を変更

# vi /etc/sysconfig/network
  HOSTNAME=tryerror.net

# reboot

 

 試してみる

teratermでVPSに接続する際、ホスト名にIPアドレスでなくtryerror.netと入力して接続できることを確認。

 

 


One thought on “さくらVPSに独自ドメインを割り当てる

  1. Pingback: さくらVPSでSSL暗号化通信をする | Try&Error テクニカルブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です